「胸が張れるまで」篠山市長選に出馬表明 酒井氏


 現職の篠山市長、 酒井隆明氏 (59) が9月11日の定例会の一般質問で、 来年2月15日投開票の市長選への出馬の意思を表明した。

 酒井氏は 「市長として7年半、 市政を担当してきたが、 市民のみなさんの信任が得られるならば、 引き続き市長として市政を担当したい」 と意欲を語り、 「1期目は、 篠山再生と財政の健全化、 医療の充実に、 2期目は篠山のまちの魅力を生かしたまちづくり、 農都宣言、 城下町の町並みや景観、 文化、 環境を生かした魅力ある街づくり、 若い人の定住促進に取り組んできたが、 道半ばのところがあるので、 これらの課題がもう少し成果が出て、 胸が張れるところまで持っていきたいと考えている」 と語った。

 また、 抱負として、 「味間認定こども園の整備や定住促進、 農都創造など重要な事項が残っているので、 引き続き取り組みたい」 と話した。