塩津峠ひと月半ぶり 三春峠1年ぶり 通行止め解除


 兵庫県丹波市と京都府福知山市を結ぶ国道175号 「塩津峠」 の全面通行止めが10月1日、 解除された。 福知山側で一部片側交互通行が残る。 8月16日豪雨災害で土砂崩れなどが発生、 1カ月半ぶりに仮復旧した。 また、 昨年9月15日の台風18号後、 路肩ののり面崩壊で全面通行止めが続いていた県道中山綾部線 「三春峠」 が9月30日、 1年ぶりに復旧した。

 塩津峠は、 道路陥没、 土砂崩れ、 路肩のり面の崩壊などがあった。 最後に復旧した福知山側ののり面崩壊個所で片側通行になる。 同国道の市島町上田―同町中竹田間は、 八日市橋が落ちていることから、 引き続き通過交通の全面通行止めを継続する。

 県丹波土木事務所は、 引き続き府県道岩崎市島線へのう回を呼びかけている。 舞鶴若狭自動車道の無料開放 (春日―福知山) は継続する。

 三春峠は、 丹波市側の春日町上三井庄の2カ所 (延長20メートルと19メートル) で大型ブロックを谷側に積む路肩の復旧工事を行った。