10月中に394人活動 丹波市職員がボランティア


写真・水路の土砂を上げ、 一輪車で運ぶ市職員ボランティアたち=兵庫県丹波市市島町谷上で

 災害発生から1カ月半がたち、 ボランティアセンターへの登録人数が減っていることから、 丹波市職員約50人が4、 5の両日、 復旧ボランティアに従事した。 一市民としてできることをと募ったところ、 394人が手を挙げた。 10月中の土日に活動する。

 台風の接近もあり、 両日、 今中、 谷上の水路の泥上げ、 個人宅で土のう作りに従事した。

 両日作業に訪れたのが谷上の青木俊和さん (65) 宅そばの水路。 70センチほど土砂が堆積し、 田んぼとの境が分からなくなった25メートルほどの水路の土砂をスコップで掘り起こし、 土を一輪車で運び出した。

 災害発生後、 全国から届く援助物資を被災者に届ける支援物資センターを担当した近藤紀子さん (観光振興課長) は、 支援センターで各地からのボランティアに接し、 「近くの人間ががんばらないとの思いを強くした」 と言い、 「通常業務に戻ると、 被災現場にいた時や今いる職員と意識の上で温度差が生じる。 1度でも2度でも足を運ぶことが大事。 汗をかけば、 片付く」 と思いを語った。

 青木さんは、 「住むのに影響がない部分なので、 暇に任せ自分で片付けようと思っていた。 先月、 『ボランティアを派遣する』 と言ってもらっていたのが今日になった。 しんどい思いをしてもらったが、 本当に助かる」 と感謝していた。