Categories: 豪雨災害特集

災害ごみ処理完了へ 仮置き場も今月中 市島市民グラウンド

写真・約2500トンのごみが搬入された市島市民グラウンド(昨年9月・写真左)。搬入された災害ごみが片付き(写真右)、 新年度からグラウンドの再整備が行われる

昨年8月16日の豪雨災害に伴い、 搬出された災害ごみの処理が今月中に終わる見通しとなった。 市島市民グラウンドに仮置きされていた災害ごみの処理もほぼ完了した。 丹波市によると、 災害ごみの発生量は市内全体で約2900トン (可燃ごみ約1700トン、 不燃ごみ約1200トン) と推計。 全体の92%を占める約2700トンが市島地域から発生した。

災害発生後の18日から仮置き場となった市島市民グラウンドには、 直接搬入の受け付けを終了した9月7日までに約2500トンが搬入された。 市島以外の発生量は、 氷上地域約177トン、 春日地域約60トンなど。

市は民間業者に処理を委託。 災害発生後も通常の計画収集を継続しながら災害ごみの処理にあたり、 一部は市内の施設でも処理した。 処理費用 (人件費など除く) は約1億円。 新年度以降、 再びグラウンドとして使えるように整備を行う。

市生活部は、 「土砂と廃棄物の仮置き場を分けたこと、 大変な時に市民にも協力いただき、 できる限り分別をしたことがスムーズな処理につながった。 グラウンドを仮置き場にすると、 再整備にコストがかかる。 今後の災害に備え、 仮置き場の確保が課題」 としている。

Share

Recent Posts

  • お出かけ

修了生らで作品展 「心遊久楽部」の13人 19日まで四季の森

 2016年度の丹波OB大学修了生と同大…

1時間 ago
  • ニュース
  • 丹波市

小さな体で「力持ち」 ミニクレーン導入「事故車救助の切り札」/兵庫・丹波市

 ロードサービスなどを手がける兵庫県丹波…

1時間 ago
  • ニュース
  • 篠山市

「もう無理や」 消えそうな”村”の実情 数ある役員が負担 日本遺産のまちの光と影/兵庫・篠山市

 日本遺産認定、ユネスコ創造都市ネットワ…

17時間 ago
  • お出かけ

写真クラブ初の合同展 情報交換、技術向上に 篠山市内5団体

 兵庫県篠山市内の5つの写真クラブによる…

1日 ago
  • 記者ノート

連携を生む事業報告会

 年度末が近づくと、行政の補助事業の報告…

2日 ago
  • 丹波春秋

杉浦忠の手紙

 往年の大投手、元南海ホークスの杉浦忠(…

2日 ago