Categories: 豪雨災害特集

公民館の再建進まず 急な災害 貯えなく 市島町谷上自治会

山からの土砂が入りこんだ公民館内部。ほぼ手がつけられないまま1年が経過しようとしている=市島町谷上で

昨年8月の豪雨災害で被災した市島町谷上自治会(葛野義広会長、37戸)の公民館の再建が、1年が経つ今も進んでいない。同自治会は国から辺地指定を受けているため、再建にかかる補助金の交付額は他の自治会よりも多いが、急な災害な上、高齢化の進む小さな自治会ゆえに“先立つ”貯えがないのがネックになっている。被災した公民館は今も土砂が堆積したままになっており、資金難で解体もできない状況。葛野自治会長は、「高齢者の多い地域でもあり、避難所がないのも不安だし、こんな時だからこそコミュニティの拠点がほしいのだか」と頭を悩ませている。

Share

Recent Posts

  • お出かけ

「たんばルシェ」 飲食ブースにステージも 11月17日

 「丹の里・味覚フェア―たんばルシェ」が…

11時間 ago
  • お出かけ

くもべ里山まつり・里山工房くもべ5周年記念

 11月18日午前10時―午後5時、里山…

11時間 ago
  • 丹波春秋

甲子園ホテル

 関西丹波市郷友会の総会が西宮市の武庫川…

11時間 ago
  • ニュース
  • 篠山市

「市名変更問題」若者のホンネは? 賛否それぞれ、冷ややかな声も/兵庫・篠山市

 兵庫県篠山市の市名を「丹波篠山市」に変…

11時間 ago
  • 記者ノート

独身の日に思う

 11月11日が中国の「独身の日」。天文…

11時間 ago
  • 市名変更
  • ニュース速報

【篠山市長選・住民投票】14日時点推定投票率

     18日投開…

11時間 ago