知事選 一人でも多く投票を マスコットたちも啓発


写真・特別啓発員に委嘱されたマスコットやデカンショ人形たち=兵庫県篠山市北新町で

 県知事選が告示された6月15日、篠山市役所前で選挙啓発隊の出発セレモニーが行われた。7月2日の投票に向けて、市選挙管理委員会や明るい選挙推進協議会委員らが、広報車や店頭などで投票を呼び掛ける。

 セレモニーでは、特別啓発員として、マスコットの「まるいの」と「まめりん」、市役所前に立つデカンショ人形が委嘱され、啓発たすきがかけられた。まるいのとまめりんは25日にバザールタウン篠山店やザ・ビッグ篠山店などで行われる街頭啓発にも駆け付ける。

 市選管の若狭幹雄委員長は、「各候補の主張を聞き、『この人ぞ』という人に投票してもらいたいし、一人でも多くの人に投票所に足を運んでいただけるよう活動を展開していきたい」と話していた。