悠遊の森内にバーガー店 市島製パン監修 3月1日オープン

この記事は約1分で読めます。

レジャー施設「丹波悠遊の森」(兵庫県丹波市柏原町大新屋)内のレストランが改装され、3月1日から「BBQ&BURGER BP」としてオープンする。有名バーガー店オーナー監修のハンバーガーや「丹波三宝」バーガーなどを販売する。

市島製パン研究所の三澤孝夫さんが監修したハンバーガーを販売。「ハンバーガー」(800円)、「ベーコンチーズバーガー」(1300円)などのほか、丹波市産の栗や小豆、黒豆を使って、市民有志でつくる「丹波うまいもん研究会」がプロデュースした「丹波三宝プルドポークバーガー」(1000円)、「丹波三宝ベジバーガー」(800円)などを販売する。

厨房や照明、インテリアなどを改装、バーベキュー用機器を導入するなどした。

レストランを担当する同施設の花田匡平・副施設長(36)は「レストラン自体が集客施設となり、地域を活性化し、地元の人が誇れるような店にしたい」と話している。

ランチは午前11時半―午後3時、ディナー(要予約)は午後5時半―同9時半、カフェ(土日祝のみ)は午後2―5時。火曜定休。バーベキューメニューは4月18日から。

同店(TEL0795・86・8239)。

タイトルとURLをコピーしました