Categories: 記者ノートコラム

シカ肉 郷土の味に

 篠山市によると、市内におけるシカの捕獲頭数は昨年4月から今年2月末までで863頭。
これだけの数を捕殺しながら食肉としての利用はほんのひと握りでしかない。「奪った命は大切に」という考えや、シカ肉が栄養価に優れた食材であることから、食資源としての利用を進めながら獣害問題の解決に取り組もうとする神戸大学農学科の教授が同市大上地区でセミナーを開いた。シカの解体体験会とシカ肉料理試食会の2本立てで行われ、にぎわいを見せていた。

 同地区に暮らす若き猟師が講師となり、吊り下げたシカのむくろを前にして、参加者らに皮の剥ぎ方や体のしくみなどを伝え、ロースやモモなど、どの部位がどのような料理に向くかを伝授した。

 興味津々の参加者たちは、ぎこちないナイフ捌きながら解体作業に熱中。骨から肉塊を切り取ると達成感に満ちた表情を浮かべていた。

 焼き肉を一口。鉄分を多く含んでいるためか、レバーに似た風味が広がる。牛肉とは明らかに違うが、これはこれでありだ。シカ肉が猪肉のように郷土の味になる日は来るのか。(太治庄三)

Share

Recent Posts

  • お出かけ

丹波の森30周年シンポジウム 11月18日、丹波の森公苑で

 丹波の森づくり30周年記念事業実行委員…

7時間 ago
  • ニュース
  • 丹波市

「お重」に料理詰め地域に配達 開けてうれしい「たまて箱」/兵庫・丹波市

 兵庫県丹波市市島町の女性5人でつくるグ…

7時間 ago
  • お出かけ

秋の恵みを展示 11月18日まで青垣いきものふれあいの里

 里山で採れる木の実、きのこなどを集めた…

1日 ago
  • ニュース
  • 篠山市

過疎地に”大学”開校へ 閉校の小学校をスクーリング会場に 住民有志と大学が協定

 兵庫県の内陸部にある篠山、丹波両市の市…

1日 ago
  • 募集中
  • その他

市民憲章に思いを 集会参加者を募る

 丹波市は来年1月19日午後1時半からた…

1日 ago
  • ニュース速報

【篠山市長選告示】立候補は2陣営 一騎打ちで確定

 兵庫県篠山市の市長選挙が11日告示され…

2日 ago