Categories: ニュース丹波篠山市

子どもたちも獣害対策 スイカ畑にネット  兵庫・篠山市

スイカ畑の上部にカラス避けのビニールひもを張り巡らせる大山小の児童たち=篠山市大山新で

 兵庫県篠山市の大山小学校の5、6年生16人で組織する「緑の少年団」が14日、同校裏の農園で栽培しているスイカをアライグマなどの獣害から守ろうと、畑の周囲にネットを張った。

 同団は活動の一つとして、大山地区特産のスイカを毎年栽培しており、7月下旬に開かれるスイカ祭りの品評会に出品したり、シャーベットに加工して販売するなどしている。

 一昨年は獣害対策が甘かったため、半数以上が被害を受けたため、苦い体験を教訓に、昨年から万全の防御態勢で栽培を行っている。

(詳細は篠山版6月17日号で)

Share

Recent Posts

  • ニュース
  • 丹波篠山市

「川」の今昔マップで紹介 「価値見直すきっかけに」 生息する魚の変化も

 兵庫県丹波篠山市畑地区の「みたけの里づ…

22時間 ago
  • ニュース
  • 丹波篠山市

神社の壁に無数の穴 忍び寄る“キツツキ”被害 各地で謎の行動、研究者が警鐘

 兵庫県丹波篠山市後川上の春日神社の社殿…

2日 ago
  • ニュース
  • 丹波篠山市

日本遺産のまちにルートインが出店計画 城下町に来秋竣工予定

 国内外でホテルなどを運営する「ルートイ…

2日 ago
  • お出かけ

紙飛行機をとばそう

 5月26日午前10時―正午、兵庫県丹波…

2日 ago
  • お出かけ

キャンプ場で豪雨災害復旧イベント「ソトアソビパーク」

 5月26日午前10時―午後4時、京都大…

3日 ago
  • お出かけ

教室生が着付発表会 5月26日、尚美流

 丹波篠山市の下二階町カルチャーセンター…

3日 ago