Categories: ニュース篠山市

子どもたちも獣害対策 スイカ畑にネット  兵庫・篠山市

スイカ畑の上部にカラス避けのビニールひもを張り巡らせる大山小の児童たち=篠山市大山新で

 兵庫県篠山市の大山小学校の5、6年生16人で組織する「緑の少年団」が14日、同校裏の農園で栽培しているスイカをアライグマなどの獣害から守ろうと、畑の周囲にネットを張った。

 同団は活動の一つとして、大山地区特産のスイカを毎年栽培しており、7月下旬に開かれるスイカ祭りの品評会に出品したり、シャーベットに加工して販売するなどしている。

 一昨年は獣害対策が甘かったため、半数以上が被害を受けたため、苦い体験を教訓に、昨年から万全の防御態勢で栽培を行っている。

(詳細は篠山版6月17日号で)

Share

Recent Posts

  • 丹波春秋
  • コラム

言い伝え

 柏原厄除け大祭の舞台となる柏原八幡宮。…

8時間 ago
  • たんばのひと

狩猟歴半世紀以上 ベテラン猟師 足立善徳さん(丹波市青垣町稲土)

くくり罠 猪と知恵比べ  狩猟歴半世紀以…

8時間 ago
  • ケータイでパチリ

ど根性

 水路の中に生えるフキノトウ。天ぷらに良…

8時間 ago
  • 募集中
  • その他

農村ビジネススクール生募集 神戸大ラボ

 神戸大学・篠山市農村イノベーションラボ…

8時間 ago
  • お出かけ

「趣味の作品展」 2月19日まで柏原で

 兵庫県県学校厚生会丹波支部(TEL07…

8時間 ago
  • ニュース
  • 篠山市

「人口増は無理」 持続可能な集落を 無投票5選の市長インタビュー/兵庫・篠山市

「未来に輝く地方都市に」  今月10日告…

8時間 ago