黒井川沿いの桜に川柳展示 春日のグループ


写真・サクラに結び付けた短冊と大井さん=兵庫県丹波市春日町黒井で

 兵庫県丹波市春日町の川柳グループ「春日やまなみ川柳会」(大井康理代表)が、黒井川沿いのサクラに川柳を書いた短冊を結び付け、道行く人に楽しんでもらおうと“展示会”を始めた。

 黒井駅前の「黒井橋」近くのサクラ。「黒井城」を題材に川柳を詠み、7人が作品を飾っている。短冊はぬれても劣化しない材質で、雨の日でも楽しむことができる。

 散歩する人が多い同川沿いに展示することで、川柳に親しみを持ってもらいたいと始めた。大井代表(90)=同町黒井=は、「年末には作品を入れ替える。長く楽しんでもらいたい」と話した。