Categories: ニュース篠山市

これぞ「狩猟解禁」 初日から80キロ超の大物イノシシも

写真・狩猟が解禁され、山中で猟に励む猟師=2018年11月15日午前9時32分、兵庫県篠山市今田町で

 兵庫県内各地で15日から狩猟が解禁された。猪肉を使ったジビエ料理で、郷土料理でもある「ボタン鍋」の季節を迎える同県篠山市では、早朝より猟師が山へ入り、イノシシを追った。

写真・仕留められた80キロ近いイノシシ

 ボタン鍋は薄くスライスした猪肉を牡丹の花のように盛りつけることが名前の由来。同市の冬の風物詩として知られている。

 同市今田町の山中では、狩猟歴45年の猟師が80キロ近いオスのイノシシを仕留め、初日から気持ちを高ぶらせた。「今田ではシカよりもイノシシの被害が深刻だ。初日から脂の乗った巨漢を仕留めることができ、幸先がいい」と話し、獣害対策と郷土料理の食材という”一石二鳥”を喜んだ。

 同市住山で狩猟肉を扱うジビエ専門店「山大(やまだい)」の店主、西村大二郎さんは、「今年は寒くなるのが遅れている分、イノシシの脂の乗りも若干遅れ気味。しかし、これからがシーズン本番なので十分に期待できる」と話している。

 狩猟期間はイノシシとシカが3月15日まで、一昨年から狩猟が解禁されたクマは12月14日まで。

Share

Recent Posts

  • ニュース
  • 篠山市

栄養豊富、ネバネバ「山の芋」 PRにパンフなど作成

 兵庫県篠山市岡野地区の「岡野ふるさとづ…

22時間 ago
  • お出かけ

能楽体験企画も 4月29日、謡曲・仕舞・囃子大会 丹波市

 丹波市謡曲同好会(上田脩会長)と上田江…

22時間 ago
  • お出かけ

ゆったり買い物楽しんで 4月27日から「春のれん」 篠山市河原町で

 伝統的な妻入商家が並び、王地山まけきら…

2日 ago
  • ニュース
  • 篠山市

岩槻邦男・東大名誉教授の著書表紙に採用 「ボタニカルアート」小豆さんの「萩」と「啓翁桜」

 植物のありのままの姿を正確・細密に描き…

2日 ago
  • お出かけ

多彩に木工の祭典 4月27日―5月6日、丹波年輪の里で

 丹波年輪の里が4月27日―5月6日、同…

2日 ago
  • ニュース
  • 丹波市

「水辺の貴婦人」飛来 珍鳥「セイタカシギ」

 兵庫県丹波市の野鳥愛好家、梅津節雄さん…

3日 ago