Categories: 記者ノート

独身の日に思う

 11月11日が中国の「独身の日」。天文学的数字の品物がかの国では売れる一大ビジネスチャンスの日だ。その日、地元の丹波市青垣町大名草で開かれた収穫祭「来とくんなは~れ祭り」を昼食を買いがてらのぞいた。秋の陽射しに照らされる子どもや家族連れの楽しげな表情がまぶしかった。同時に、45歳独身でこの場にいる自分は異質だなあ、と疎外感を感じもした。

 グループに属している、役に当たっている人は別にして、同世代の独身男女がこういった場に顔を出す事はあまりないように思う。他にやりたい事があるし、何となく顔を出しにくい雰囲気、自分にとっては「気後れ」もある。「気後れ」に任せて弱気にならず、地域とつながっていようと勇気を出して参加した。知った顔を見つけ、おしゃべりができ、ほっとした。

 高齢者のサロンや、「100歳体操」も参加する人が決まっているといった声をよく聞く。「気後れ」理由の不参加もある。本人がどう乗り越えるか。周囲がどう支えるか。「将来にわたって住み慣れた地域で過ごす」には今から努力がいるなあ、と感じた独身の日だった。(足立智和)

Share

Recent Posts

  • ニュース
  • 丹波篠山市

「川」の今昔マップで紹介 「価値見直すきっかけに」 生息する魚の変化も

 兵庫県丹波篠山市畑地区の「みたけの里づ…

21時間 ago
  • ニュース
  • 丹波篠山市

神社の壁に無数の穴 忍び寄る“キツツキ”被害 各地で謎の行動、研究者が警鐘

 兵庫県丹波篠山市後川上の春日神社の社殿…

2日 ago
  • ニュース
  • 丹波篠山市

日本遺産のまちにルートインが出店計画 城下町に来秋竣工予定

 国内外でホテルなどを運営する「ルートイ…

2日 ago
  • お出かけ

紙飛行機をとばそう

 5月26日午前10時―正午、兵庫県丹波…

2日 ago
  • お出かけ

キャンプ場で豪雨災害復旧イベント「ソトアソビパーク」

 5月26日午前10時―午後4時、京都大…

3日 ago
  • お出かけ

教室生が着付発表会 5月26日、尚美流

 丹波篠山市の下二階町カルチャーセンター…

3日 ago