Categories: 丹波春秋コラム

いじめ

 数学者の藤原正彦氏は子どもの頃、父親から5つの禁則を教わったという。大勢で一人をやっつけること、強い者が弱い者をやっつけることなどだ。なぜ、してはいけないのか。父親の答えは明快だった。「卑怯だから」。

 子どもの世界で卑怯の行為の典型は、いじめだろう。本紙前号で、いじめについて書かれた中学生の人権作文を掲載した。残念なことに、今もいじめは消えていないようだ。

 藤原氏は、昔は陰湿ないじめが長く続くことはなかったという。いじめに対して制止効果を持つ「卑怯」という観念が道徳の中枢に位置していたからだ。しかし、藤原氏も嘆くように今や卑怯は中枢の座から降りた。

 「子どもの頃はどんな子どうしでも仲良く一緒になれるはず」というのは幻想であるなどと説いた、社会学者・菅野仁氏の著書『友だち幻想』が話題を呼んだ。菅野氏は同書でいじめについてもふれ、「卑怯だから」という規範意識だけでは、いじめはなくならないとする。

 「自分の身の安全を守るために、他者の身の安全をも守る」という実利主義的な考え方もある程度、学校にも導入すべきでは、とする。いじめられないために、友だちをいじめない。そんな考えを子どもたちが共有するよう導いてはと提案する。寂しいが、現実的な提案かもしれない。(Y)

Share

Recent Posts

  • ニュース
  • 丹波市

”寝起き”の「妖精」 セツブンソウが開花間近/兵庫・丹波市

「春の妖精」とも呼ばれ、節分のころに咲く…

5時間 ago
  • お出かけ

「農」テーマに絵画展 児童の力作ずらり 25日まで市民センターで

 兵庫県農業共済組合連合会(兵庫県神戸市…

5時間 ago
  • お出かけ

新春ちなんだ語句など書く 風信書道会 27日まで作品展

 風信書道会(本部・兵庫県豊岡市)丹波教…

5時間 ago
  • たんば わらべの詩

1日 ago
  • たんば わらべの詩

1日 ago