社長が身分隠し交流 1月19・20日、柏原で 「覆面採用合宿」


 丹波市への移住者増などに取り組む「一般社団法人Be」が1月19、20の両日、柏原町内で市内事業所の社長が身分を隠して参加する「覆面採用合宿」と題したイベントを開く。就職希望者に「社長の人柄」に触れてもらい、移住につきものの就職につなげてもらおうというもの。

 初日に講座を受講し、夕食を作り交流する。2日目にマッチング、連絡先の交換などをする時間を設け、興味がある企業があり、都合が合えば職場見学に案内する。

 同法人は、市の移住ポータルサイト「たんば“移充”テラス Turn Wave」を運営している。市内に移住して就職した人たちに話を聞くと、社長やそこで働く人の人柄や考え方に触れ就職を決めたケースが多く、そうやって仕事を選んだ人が仕事で活躍し、地域で好影響を生み出す人になっているのではと考え、地方で働きたいと思っている若者と、地方で働き手を探している社長が、立場に関係なく交流できる場を設けることにした。

 参加者は名前や出身地のみ自己紹介する。経歴や素性は隠しており、考え方や人柄を互いにじっくり観察し、人の魅力と仕事のやる気のみでつながる。

 定員15人。参加費8000円。問い合わせは同法人(TEL090・2705・4110、iju@be-tamba.com)。