闇から降る紫の幻想 満開の「九尺フジ」に光の演出


ライトアップされ、幻想的な世界を広げる九尺フジ=兵庫県丹波市市島町で

 九尺フジの名所として知られる兵庫県丹波市市島町の白毫寺で、満開を迎えているフジがライトアップされている。視界いっぱいに薄紫色の幻想的な世界が広がり、多くの観光客やカメラマンを魅了している。

 同寺では約120メートルに渡って藤棚が設置されており、長いところでは1メートルほどの花房を垂らしている。ライトに照らされたフジは、日中とは違った表情を見せ、暗闇の中に薄紫色の花が浮かび上がる。

魚眼レンズで撮影した九尺フジ

 同寺の荒樋勝善住職によると、同寺のフジは「人が集い心安らぐ寺にしたい」との願いを込め、先代住職が植えたのが始まり。2012年、全国紙の1面に写真が掲載されたことで、一躍全国区になった。

 近年では、フェイスブックなどのSNSなどで拡散され、海外からの観光客も訪れるという。

 ライトアップは14日まで。日没から午後9時まで行う。