「蜜」です 花粉も一緒に”テイクアウト” コマルハナバチせっせと

この記事は約1分で読めます。

ツツジから蜜と花粉を採るコマルハナバチ。脚に付いているのは花粉団子=2020年5月6日午前10時3分、兵庫県丹波篠山市吹上で

普段は観光客でにぎわう兵庫県丹波篠山市。新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、人影は激減している。しかし、自然の時間はいつもと変わらずに流れ、ハチはせっせと花から蜜を採る。

 住宅の植栽のツツジ(幅、高さともに約1・5メートル)に群がっていたのはコマルハナバチ。十数匹がぶんぶんと飛び回る。
 花の中に懸命に体全体を潜り込ませ、蜜や花粉を採取。出てきたハチの脚に付いている薄黄色の丸い物体は「花粉だんご」だ。
 無事に”テイクアウト”を済ませると、栄養たっぷりの食事を仲間たちの待つ巣に持ち帰っていた。
タイトルとURLをコピーしました