生徒たちに「がんばろう!!」 中学教師らが応援フラッグ 世界の言語も使って

この記事は約1分で読めます。

教職員が生徒を励ますために寄せ書きした応援フラッグ=2020年5月7日午前10時55分、兵庫県丹波篠山市今田町今田新田で

兵庫県丹波篠山市立今田中学校の教職員18人が、臨時休業中の生徒たちを励ます言葉を寄せ書きした「応援フラッグ」を製作。校門前に掲示したり、ホームページで紹介している。

縦約2メートル、横約3・7メートル。美術教師の水上雅章さんが発案し、三角形に切った布に寄せ書きした。

「がんばろう今中生!!」と書いた周りに世界の言語で「がんばろう」を意味する言葉や、「みんなの笑顔はやく見たい」「必ず日は昇る」などと書き、生徒たちにエールを送っている。

タイトルとURLをコピーしました