3カ月で「ベストボディ」に 30歳代部門でグランプリ 兵庫の田中さん、日本大会へ

この記事は約3分で読めます。

 

「BEST BODY JAPAN」徳島大会で、ベストボディの部ミドルクラス(30歳代)でグランプリを獲得した田中さん

柔道整復師で、BFRトレーナーズ協会認定トレーナー、NPO法人日本ファンクショナルトレーニング協会トレーナーなどの資格を持つ兵庫県丹波市の田中祐二さん(35)が、3月に徳島市で行われた、体の美しさやスタイルのバランスなどを競う「BEST BODY JAPAN徳島大会」で、30歳代の部門でグランプリに輝いた。47都道府県の代表が集う日本大会の出場資格を得た。

今年1月から大会を目標に定め、自宅のトレーニングマシンで筋力アップと、食事制限に取り組んだ。アルコールは断ち、飲み物はたんぱく質のプロテイン。糖質や脂質を制限し、鶏の胸肉とブロッコリーを食べ続けた。正月に体重80キロ、体脂肪率18%だった体を67キロ、9%まで絞った。

出場した「ベストボディ・ジャパン」部門は、筋肉量の多寡でなく、▽健康美▽全身が引き締まった体、バランスの取れたスタイル▽ルックス、顔の表情、表現力▽ポージング▽ウォーキングを含む身のこなし、見せ方▽知性、品格、誠実さ―が審査基準。30代クラスは8人が出場、徳島県内からの出場は2人で、東京、大阪、愛知など他都府県からの「越県参戦」が多かった。

徳島大会の翌週に開かれた「細マッチョ」部門がある岡山大会が本命で、練習のつもりで参加した徳島で「まさか」(田中さん)の頂点に。岡山大会は、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、参加を自粛した。

「日本大会は、秋から冬。状況を見て出られるようなら出たいが、今のところは微妙」という。

本格ジムオープン、「かっこいい体」サポートします

 

本格トレーニングジムと整体、脱毛サロン「PINPOINT」を開業した田中さん=2020年6月1日午後3時30分、兵庫県丹波市氷上町市辺で

田中さんは、妻の莉子さん(29)とともに、丹波市氷上町に1日、フィットネスジム&整体&脱毛サロン「PINPOINT」(0795・88・5598)をオープンした。最新のトレーニングマシンを導入した本格的なジムで、「かっこいい体、きれいな体づくり」をサポートする。

田中さんは、大阪市と丹波市内の整骨院やジムで10年勤務し、独立した。

ウエイトトレーニングとランニングマシンを合わせて14台導入した。上腕、背筋、大胸筋、お尻の筋肉など、鍛えたい所を「ピンポイント」で鍛えられる。マシンは、女性や高齢者の健康づくり、ダイエットにも使ってもらえるという。

2階の個室で、祐二さんが個別トレーニングや整体の施術を、莉子さんがブラジリアンワックスの脱毛を手掛ける。

営業時間は、午前6時―午前零時。電子キーなどで、スタッフ無人の時間帯にも利用できる。ジムは入会金と月会費が、整体と脱毛はそれぞれ料金がかかる。

田中さんは、「経験を生かし、トレーニングなどで助言したい。丹波市で筋トレ、フィットネスと言えば『ピンポイント』と言われるようにがんばりたい」と話し、「健康づくりなら健康づくりを、大会で上位を目指すならその体づくりのサポートをする。やるのは本人ですから」と笑っている。

タイトルとURLをコピーしました