焼き芋“ほくほく” 焼きたて口いっぱいに 親子に広がる笑顔の輪

この記事は約1分で読めます。

焼きたての焼き芋を頬張る子どもたち=2020年11月25日午前11時22分、兵庫県丹波市柏原町下小倉で

兵庫県丹波市柏原町の子育て学習センター「ゆめわあく柏原」で25日、焼き芋大会が開かれた。0―2歳児の親子40組が集い、“ほくほく”に仕上がった焼き芋を口いっぱいに頬張った。

「密」を避けるため、3班に分かれて楽しんだ。火の中にアルミホイルでくるんだサツマイモを入れ、20分ほど待った。焼きあがると、さっそく皮をむいて食べ、「甘くておいしいよ」などと歓声を上げていた。

参加した母親(32)は、「家ではできないから楽しい。みんなで食べるとおいしいですね」とほほ笑んでいた。

タイトルとURLをコピーしました