「コロナ飛んでいけ」 雨上がりに風船放つ 「気分だけでも夏祭り」

この記事は約1分で読めます。

青空に放した風船の行方を見守る住民たち=2021年8月15日午後零時28分、兵庫県丹波市青垣町下地で

4日降り続いた雨が上がった15日正午、兵庫県丹波市青垣町下地自治会公民館で、風船飛ばしがあった。老若男女約50人が、新型コロナウイルスの収束を願い「コロナ飛んで行け」「コロナが無くなりますように」などと願いをしたためた短冊をつけた幸せの黄色の風船を青空に放った。

コロナの影響で住民が交流する自治会活動がほとんどできず、コロナ前に開いていた夏祭りも2年連続で中止。飲食バザーや櫓を囲んで盆踊りはできないが、「気分だけでも夏祭り」と題し、公民館周辺に提灯を吊り、風船飛ばし、福引などを楽しんだ。

タイトルとURLをコピーしました