天へぐんぐん 夏空の下で稲が出穂期 「季節は巡る。米作るだけ」

この記事は約1分で読めます。

夏空の下で出穂期を迎えた稲。季節はいつも通り巡っている=2021年8月5日午前6時50分、兵庫県丹波篠山市内で

連日30度を超える真夏日が続いている兵庫県丹波篠山市。空には絵に描いたような夏雲がぽっかりと浮かび、容赦ない日差しが降り注ぐものの、足元に目をやると、稲が出穂期を迎え、天に向かってぐんぐんと育っている。

基幹産業が農業の同市。化学肥料や農薬の使用を抑えたり、生物多様性への配慮などを行った「農都のめぐみ米」を目指して、各農家が精魂込めて稲作に励んでいる。

農作業中の男性(78)は、「世の中はコロナ禍や五輪で騒がしいけれど、そんな中でも当たり前に季節は巡っとる。私らは今年も米を作るだけですわ」と汗をぬぐっていた。

タイトルとURLをコピーしました