あぁニッポンの秋 収穫待つ稲穂と古民家 農村の原風景「この時期だけの絶景」

この記事は約1分で読めます。

色づいた稲穂とかやぶきの古民家が共演する丹波篠山の秋=2021年9月1日午前9時16分、兵庫県丹波篠山市内で

9月に入り、兵庫県丹波篠山市内の田では稲穂が黄金色に色づき、本格的な稲刈りシーズンが目の前に迫っている。

かやぶきに板を張った古民家が多く残る同市。色づいた稲穂と古民家が共演する姿は、「農村の原風景」だ。早い場所では稲刈りが始まっており、農家が忙しく作業に励んでいる。

実る稲穂を写真に収めていたアマチュアカメラマンの男性は、「古民家をバックに黄金色の稲穂がたなびく様子は、この時期だけの絶景。この景観がこれからも残ってほしい」と目を細めていた。

タイトルとURLをコピーしました