威厳の白バージョン 20日から秋の彼岸入り シロバナマンジュシャゲも

この記事は約1分で読めます。

立ち並んで咲く白いヒガンバナ=2021年9月20日午前6時45分、兵庫県丹波市内で

20日は秋の彼岸の入り。兵庫県丹波市内では示し合わせたようにあちこちでヒガンバナが咲き誇っている。

赤い花の中にまじって、ときおり白いヒガンバナ(シロバナマンジュシャゲ)も。花言葉は、「また逢う日を楽しみに」「思うのはあなたひとり」だそう。

地元の住民は、「年々増えているようだが、やっぱり白は珍しい。赤より威厳のある感じがします」と話していた。

タイトルとURLをコピーしました