ピッツェリア「Kuwa Monpe」店主 榎本陵さん(丹波篠山市南新町)

この記事は約2分で読めます。

祖父の教え胸に継業

祖父の稔さん(73)が2010年にオープンした、ピザを中心に提供するレストラン「Kuwa Monpe(クワモンペ)」(丹波篠山市曽地中)の店主。19年には、グルメサイト「食べログ」で高い評価を得た店をたたえる「食べログ百名店」に、ピザ部門で選定された。「自分の代で味が変わったと言われるのは言語道断。これからも愛され続ける店に」とほほ笑んでいる。
雲部小、篠山東中、西野田工業高(大阪府)を卒業後、宝塚歌劇団の舞台の入れ替えを担う裏方や、建設業、大手保険会社の営業を経験してきた。
建設業に従事していた30歳のころ、バイクで現場に向かう途中、タクシーとぶつかる事故に遭った。一命はとりとめたが、視野が狭くなる「両耳側半盲」という後遺症が残り、建設業の仕事を続けることを断念した。
地元で療養生活を送っていたとき、稔さんから「店やらへんか」と声を掛けられた。「今までにも何度か言われたことはあった。心のどこかで僕に継いでほしい、という気持ちがあったのかも」。飲食店でアルバイトをした経験もあり、「接客業は性に合っている」と感じていた。心機一転、20年3月に店主となった。
同店秘伝のレシピを受け継いだ中で、「唯一、自分を表現できる」という生地づくりにこだわる。石窯の温度設定や火の通し方などに試行錯誤を重ね、「外はサクッと、中はもちっ」という食感を実現。「生地は生き物。日々勉強です」と笑う。
経営する上で、「けちではいけない」「日々、『これで良いのか』と自問し続ける」という、稔さんからの教えが根付いている。「目先の利益にとらわれず、お客さんを喜ばせること。その一心」。32歳。

タイトルとURLをコピーしました