ぶーらぶら 裏庭のザボン育つ 25個鈴なりに

この記事は約1分で読めます。

女性宅の裏庭で育つザボン。鈴なりの果実で枝が大きくしなっている=11月10日午後1時40分、兵庫県丹波市山南町で

兵庫県丹波市山南町の女性(88)宅の裏庭で、柑橘類のザボンが直径15センチほどの果実を鈴なりに付け、秋風に吹かれてぶーらぶらと重たそうに揺れている。

樹高約1・5メートル、根元直径約10センチ。鮮やかな緑色をしたまん丸い果実が25個ほどぶら下がっており、枝を大きくしならせている。

20年ほど前に、ミカン、ユズ、キンカンと一緒に植えた。南向きで日当たりが良いためか、毎年たくさんの実を付けるという。

「皆さんに喜んでもらえるのがうれしい」と、毎年、気前よく近所の友人、知人に全て配ってしまうため、最近は食べたことがないという。

タイトルとURLをコピーしました