地域の活動「共有財産に」 コロナでも”工夫”を収集 「つながり失わない」

この記事は約2分で読めます。

「社会的つながりプロジェクト」により、地域のつながりを深める活動に取り組む「たんえん」のスタッフ。手で「たんば」と「たんえん」の「T」を表現=2021年12月6日午前11時5分、兵庫県丹波市氷上町本郷で

未曽有のコロナ禍にあっても、地域で生活をする上で大切な「つながり」。人々の行動が制限される中でもつながりを失わず、「コロナでもできる」工夫を凝らした活動は、地域に明るい光を照らす。兵庫県丹波市市民活動支援センターを運営するNPO法人「丹波ひとまち支援機構」(通称・たんえん)は、そんな市内団体の活動事例を「共有財産」と位置付け、他団体に共有・活用してもらう「社会的つながりプロジェクト」を始めた。

活動の柱は大きく4つ。▽活動団体を招いて事例を発表してもらう「交流会」▽各団体の活動や成果、課題などの「情報収集」▽これらをウェブサイトに掲載し、コロナに負けない地域づくりに取り組む市をPRする「発信」▽年度末に一連の活動の報告を行う「シンポジウム」―。これらを繰り返しながら、団体同士の連携をつくったり、新たな活動を生む機運を高めていく。昨年10月と12月には交流会を開催し、計60人が参加し、4団体が登壇した。

地域団体のメンバーや学生、自営業者、行政関係者らが集った交流会で意見を交換する参加者

同法人は自治会や市民団体、NPO法人などの活動を支える「中間支援組織」。同プロジェクトは、コロナ禍の影響で進む孤立や分断、つながりの損失を防ぎ、地域住民の活動を共有し支え合う関係をつくることで、つながりを紡ぎ直すことを目的にしている。

同法人代表理事の戸田幸典さん(41)と、監事の法橋聡さん(66)によると、各団体の活動を共有化し、互いに応援し合う「たんえん」のような活動は、全国的にはないという。2人は「コロナ禍でも工夫して行った活動には、ヒントが詰まっているはず」と語る。

その先に見据えるのは、総合的な地域力のアップだ。いずれコロナが収束しても、地域には人口減少や高齢化、過疎化など、依然として大きな課題がある。これらの壁に向き合い、解決するには、地域団体が互いに「顔が見られる関係」をつくっておけるかがキーになると捉えており、戸田さんと法橋さんは「さまざまな活動の担い手やプレーヤーが連携し合える関係がつくれていれば、課題を乗り越える原動力となる。地域力を押し上げるためにも、各団体の活動事例を知り、地域の団体に刺激を与えることにもつながれば」と話している。

タイトルとURLをコピーしました