ABCマラソン中止に 新型コロナ感染拡大で ランナーには経費除いた額を返金

この記事は約1分で読めます。

3月6日に開催を予定していた「第42回丹波篠山ABCマラソン」について、兵庫県丹波篠山市などでつくる実行委員会はこのほど、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、中止を決めた。

参加予定だった約4000人のランナーには後日、参加記念品(Tシャツ、メダル)などを発送。約1500人のボランティアにもスタッフジャンパーなどを配布する。

参加料1万2000円については、記念品や送料などの必要経費を除いた7559円(見込み)を返金する。

このほど市民センターで開いた会合で、市医師会から「コロナ患者を受け入れている病院はほぼ満床。医療従事者やスタッフが感染すると、ワクチン接種にも影響が出る。3月までこの状況は続くと考えられ、開催に協力するのは難しい」との意見が出され、中止を決定した。

酒井隆明市長は、「残念ながら中止せざるを得ない。これまで開催に向けて協力していただいた皆さんに感謝するとともに、できるだけランナーに迷惑がかからないようにしたい」とした。

実行委は昨年10月、参加人数を通常の1万人から4000人に制限することを決め、参加者にはワクチン2回接種か、陰性確認を求めることなどを決めていた。

タイトルとURLをコピーしました