「医療人として羽ばたいて」 看護専門学校で卒業式 コロナ禍の実習「考える力ついた」

この記事は約1分で読めます。

卒業証書を受け取る卒業生=2022年3月4日午前10時11分、兵庫県丹波市氷上町石生で

兵庫県丹波市立看護専門学校の第7回卒業式が4日、同校であり、39人が学び舎を後にした。18人が県立丹波医療センター、1人が香良病院と、卒業生のうち約半数が丹波市内で、3人が丹波篠山市内で就職が決まっている。

新型コロナウイルスの影響で、実習受け入れ先が限られ、期間も短縮されて校内実習に置き換わるなどの影響を受けながら、支え合って学んだ。足立育子校長は式辞で、「よく努力し、頑張った」とねぎらい、「患者の心に寄り添う気持ちを持ち、夢を描き、医療人として大きく、大きく羽ばたいて」と激励した。

卒業生代表の今次龍世さん(21)は答辞で、例年通りの実習にならなかったことでかえって「考える力が付いた」と述べた。

由良陽郁さん(29)が同校に卒業記念の備品を贈り、弓岡愛和さん(21)が皆勤賞表彰を受けた。

4月から増床する県立丹波医療センターの採用が多かった。

タイトルとURLをコピーしました