栗のお肉?「豚です」 栗与えた希少豚を焼き豚に ソーセージの販売も

この記事は約1分で読めます。

丹波栗きん豚のソーセージと焼き豚を手にする吉見さん夫妻=2022年2月7日午前10時2分、兵庫県丹波市春日町小多利で

餌に丹波栗のB級品などを与えて飼育した「丹波栗きん豚」の精肉卸、兵庫県丹波市の「栗きん豚吉吉」が、同豚肉を手軽に味わってもらおうと、同肉の焼き豚、ソーセージを販売している。「三田屋本店」(神戸市北区)に加工してもらった。

店主の吉見憲明さん(53)は「素材の良さと、三田屋本店さんのプロの味を味わって」と話している。同店の限定販売。

週に2頭前後のみ精肉される希少豚。三田屋本店に加工を相談したところ、「サシが入っている」とほめてもらったそうで、「肉の良さを理解してもらった上で、味を決めてもらいました」と妻の順子さん(48)。

ジューシーなソーセージは670円(税込み、150グラム)、中までじんわりタレの味が染みた焼き豚は1280円(同、250グラム)。

タイトルとURLをコピーしました