ホーホケキョ 美声で春告げ 縄張り宣言する「ウグイス」

この記事は約2分で読めます。

「ホーホケキョ」と美しいさえずりを響かせるウグイス=2022年4月21日午前7時24分、兵庫県丹波篠山市内で

早朝の兵庫県丹波篠山市に、日本人おなじみの美しいさえずり「ホーホケキョ」が響き渡る。日本三鳴鳥の一つ「ウグイス」だ。

体長16センチほど。体は暗緑茶色で、「うぐいす色」で思い浮かべる色はメジロの色に近い。

縄張りも宣言する雄のさえずりは、ホーホケキョのほかに、「ケキョケキョケキョ」などのパターンがあり、いずれも大音量。ホーは空気を吸うときの音、ホケキョは吐くときの音。大きなさえずりが特徴的な一方で、藪の中に隠れることが多く、姿を見つけづらい。

じっと辺りを見渡すウグイス。「ホーホケキョ」の美しいさえずりは縄張り宣言でもある=2022年4月20日午前7時36分、兵庫県丹波篠山市内で

早春からさえずり始めるため、「春告げ鳥」という別名がある。

その美しいさえずりは人をも引き付ける。今も気を許すと耳の奥にさえずりがよみがえってくる。

【丹波新聞鳥部】(※コメント欄より、弊社の活動を命名していただきました)

タイトルとURLをコピーしました