もうすぐ彼岸 朱色鮮やか「ヒガンバナ」開花 「きれいやな」

この記事は約1分で読めます。

秋の彼岸を前に開花し始めたヒガンバナ=2022年9月15日午前7時16分、兵庫県丹波篠山市内で

兵庫県丹波篠山市内の田畑のあぜなどで「ヒガンバナ」が開花し始めた。連日30度を超える日が続いているが、鮮やかな朱色が秋の気配を感じさせてくれる。

名の通り、秋の彼岸(今年は20日から)ごろに咲くことから、秋の季語でもあるヒガンバナ。球根には毒があり、田園が広がる同市ではモグラ除けなどとしてあぜに植えられていることが多い。

花言葉は、先祖を思う彼岸にふさわしく「悲しい思い出」などのほか、「情熱」など赤い色から連想させるものもある。別名「曼殊沙華(マンジュシャゲ)」はサンスクリット語の「天界に咲く花」に由来。

登校中だった小学生の男の子は、「きれいやな。でも家に持って帰ったら火事になるからあかんねん」とにっこり。

今だ30度を超える日が続いているが、「暑さ寒さも彼岸まで」となるか。

タイトルとURLをコピーしました