観光

古墳を抱いて 花散らすヤマザクラ 暗く沈む姿が神秘的

2021.04.06

城下町でひなまつり 商店や民家50カ所で 「ゆっくり散策して」

「春の女神」 ギフチョウが羽化 サクラの蜜吸い「ひと休み」も

車中からお花見 桜のトンネルが満開 「通り抜け」楽しむ

群れる春の妖精 「カタクリ」の群落が見ごろ 「今年は当たり年」

電柱抜きました 伝統的なまちなみに広がる空 国の景観刷新事業で

春色の帯続く ピンク色のオカメザクラ満開 春の訪れ告げる

里山に降る”星” 「ミツマタ」群落見頃に 山腹埋める黄色い花

「分水界」って何? 本州一低い”水分れ”に新施設 20日、水分れフィールドミュージアムオープン

2021.04.20

圧倒の吊るし雛も 織田家ゆかりの町を華やかに 20日から「雛めぐり」10会場で展示

「厄払って」 三丹随一の厄除大祭始まる 今年は露店や提灯、鈴緒もなし

原始の”ラッパ葉” イチョウ落葉ピークに「あったよ!」 寺境内にある県天然記念物

武将、集結 厚紙と塩ビの手作り甲冑 国史跡の城で展示中 特別記念撮影会も

カフェ店長は”お坊さん” 元パティシエが古民家で開業 「ゆったりと憩いを」

”子ども店長”会いに来て 弁当や雑貨販売 コロナ対策でドライブスルーも

古刹を真っ赤に彩る イチョウの落ち葉と”じゅうたん”共演も 今月末まで見ごろ

タイトルとURLをコピーしました