「300日散らない花」咲く 中国原産の「雲南地湧金蓮」 ゴージャスな幾何学模様

この記事は約1分で読めます。

開花した「雲南地湧金蓮」を愛でる尾崎さん=2020年9月17日午後4時51分、兵庫県丹波市青垣町山垣で

兵庫県丹波市青垣町山垣の食事処「遊舟」の入り口で、中国雲南省原産の花「雲南地湧金蓮(ちゆうきんれん)」が咲いた。栽培5年で咲いたのは3度目。「1度咲くと300日散らないと言われています」と、同店の尾崎康子さん(72)はゴージャスな花を愛でている。

バショウ科の植物で、同じ科のバナナに葉が似ている。八層の三角形の大きな花が幾何学模様を形成している。

7月はじめに開花。咲く時期は、毎回バラバラという。軸が太く成長しないと咲かないため、「来年は咲かないかも」。

タイトルとURLをコピーしました