丹波篠山舞台に初のオンラインツアー 特産・黒枝豆の魅力伝える 参加料金に応じて購入も

この記事は約1分で読めます。

オンラインツアーの参加を呼び掛けるレポーターの岩田さん=2021年9月26日午後1時3分、兵庫県丹波篠山市内で(清水健矢さん提供)

旅行大手「株式会社エイチ・アイ・エス」が10月17日午前10―11時、パソコンやスマートフォンなどを通して楽しむ旅行「オンラインツアー」を、兵庫県丹波篠山市を舞台に初めて実施する。同市、JA丹波ささやま、丹波県民局でつくる「丹波篠山ブランド産品戦略会議」が協力する形で実施。「Zoom(ズーム)」を通して、参加者に黒枝豆の魅力をライブで伝える。参加料金に応じて黒枝豆も買える。

インスタグラムなどで丹波篠山の魅力を発信している岩田瑞希さんがレポーターとして登場。同市小多田地区の農家での収穫や、黒枝豆のアレンジ料理を疑似体験し、丹波黒クイズや農家への質問タイムなどを通して交流する。その後、岩田さんが車で城下町へ移動。道中の田園風景や城下町の店をレポートする。

参加料金は、ライブ配信のみは2000円で、申し込みは16日まで。黒枝豆のもぎ莢付き1キロは5000円、枝付き2キロは6000円、同3キロは7700円。いずれもクール便の送料込みで数量限定。H・I・Sのオンラインツアーホームページから申し込む。

タイトルとURLをコピーしました