巣立ちの時 小学校で卒業式 「感謝の気持ち忘れず」

この記事は約1分で読めます。

卒業証書を受け取る児童=2022年3月23日午前9時40分、兵庫県丹波篠山市小枕で

兵庫県丹波篠山市内の全14小学校で23日、卒業式が開かれた。計336人の児童が、4月からの中学校生活での決意を胸に、学び舎を巣立った。

城南小学校では32人が卒業。保護者らに表情がしっかりと見えるよう、卒業証書を受け取る際や、大きな声を出さないときなど場面に応じ、卒業生はマスクを外した。

中野龍文校長は式辞で「『ありがとう』と言える人は、周りの人が応援してくれる。感謝の気持ちを忘れず、自分の夢に向かって前進を」と優しく語り掛けた。

学校のシンボル、クスノキの前で写真に納まる児童たち。卒業おめでとう!

児童たちは夢の実現に向け「思いやりがある人になりたい」「自分の意見を積極的に発表できるように」などと、中学での理想像を、マスクを着用して力強く誓った。その後「旅立ちの日に」を合唱。美しいハーモニーを体育館に響かせた。

タイトルとURLをコピーしました