「ザクッ」刈ったぞー! 児童たちが酒米収穫 「お米が実ってうれしい」

この記事は約1分で読めます。

稲を刈り、蔵人に手渡す児童たち=兵庫県丹波市市島町中竹田で

兵庫県丹波市立竹田小学校3年生11人が、学校近くの西山酒造場の田んぼで酒米「兵庫北錦」の稲刈りを体験した。春に田植えも体験しており、稲の成長を感じながら丁寧に刈り取った。

杜氏の八島公玲さんや蔵人と共に体験。八島さんから無農薬栽培の苦労や喜びを教えてもらい、稲刈り鎌での刈り取り方法を聞いた。

早速、田んぼに入った児童は株を逆手で持ち、「ザクッザクッ」という音を立てながら丁寧に刈り取った。刈った株は、向きをそろえて土手に置いたり、近くの蔵人に手渡したりして作業を進め、あっという間に収穫を終えた。

男子児童は、「稲刈りは初めて。お米が実ってうれしい」と話していた。

タイトルとURLをコピーしました