NHK大河に「明智光秀」 誘致活動が奏功 7年かけて署名集める


写真・NHK大河ドラマの放映が決まり黒井城(保月城)跡で気勢をあげる登山者=兵庫県丹波市春日町黒井で

 NHKは4月19日、2020年放送の大河ドラマを戦国武将、明智光秀を主人公にした「麒麟がくる」に決まったと発表した。主演は俳優の長谷川博己さん、脚本は池端俊作さんが担当。大河ドラマで光秀の主役は初めて。丹波市、篠山市など兵庫県、京都府、福井県の11市町で構成するNHK大河ドラマ誘致推進協議会が2011年に結成以来、誘致活動を進め、26万1774筆の署名を集めるなど、7年間の息の長い活動が実を結んだ。

 

 丹波地域には主君織田信長の命を受けた光秀による丹波攻めの跡が残る。丹波市では、荻野直正(赤井悪右衛門)との戦いの舞台になった春日町の黒井城跡、黒井城落城の後、光秀の重臣、斎藤利三が下館として居を構えた現在の興禅寺。篠山市では八上城跡、籾井城跡などがある。また、八上城と黒井城を見渡せる金山城は光秀が砦を築いた。八上城や黒井城にまつわる物語は小説にも取り上げられている。