相席いかが? 恐竜ベンチがお目見え 舞鶴若狭自動車道西紀SAに

この記事は約1分で読めます。

上り下り両西紀SAに設置された恐竜ベンチ。写真は下り線=2021年3月15日午後4時12分、兵庫県丹波篠山市東木之部で

兵庫県丹波県民局は舞鶴若狭自動車道の上り、下り両線の西紀サービスエリア(SA)に恐竜ベンチ1基ずつを設置した。同県民局管内の丹波市、丹波篠山市で恐竜化石が産出していることにちなむ。

ベンチは幅約2メートル、奥行き約65センチ、高さ約1・3メートル。「丹波地域恐竜化石フィールドミュージアム」をPRするパネルを背もたれに張り、座面にミニチュアの恐竜を立たせた。

設置に合わせ、NEXCO西日本関西支社と西日本高速道路サービス・ホールディングス関西支社は20日から、両SAで恐竜メニューの提供や化石に関する展示などのキャンペーンを行う。

タイトルとURLをコピーしました