NPO法人 生命の貯蓄体操普及会 篠山支部

2013年02月09日

 1968年、 東洋医学の考え方から考案された健康体操。 全国に約3万人の会員がいる。 篠山支部は88年に発足。 その後、 2005年に丹波市と統合した。 篠山、 丹波両市に31教室あり、 約200人の会員がいる。
腰を中心に動かす 「要の操法」、 2人1組で行う 「組み操法」、五臓六腑や五官などに気のめぐりを良くする「五導術」の3つを組み合わせ、 精神的ストレスを解消し、 心と体のバランスを整える。
篠山市民センターの 「すこやか教室」 の指導者、 高澤かとりさんは 「笑いが絶えない教室で、 声を出してみなさんストレス発散しています」、 3年目の吉住てるさん (87) =黒岡=は 「おかげで毎日元気に暮らしています」、 17年目の藤田さがのさん (74) =京町=は 「おしゃべりが楽しみで、元気が出ます」と話している。

【入会などの問い合わせ先】
支部長 垣内明美さん  079・558・0575
(丹波市は荒木恵子さん 0795・85・0761)

◆活動日・時間・場所=各教室による。週1回、1回につき約2時間◆対象=男女、 年齢問わず

電子書籍 新刊情報

携帯でパチリ

裸婦?

(11月4日)

あなたも参加しよう

あなたも丹波新聞作りに参加しませんか? ツイッターでは、丹波の出来事にハッシュタグ「#tanba」をつけてツイートして下さい。トップページでツイートを拾っています。
QR「携帯でパチリ」への応募作品は。本誌上でも紹介いたします。掲載用ニックネーム、お名前、タイトルを併記して、丹波新聞社までメールしてください。