工芸用ガラスアクセサリー及び材料製造 喜南鈴硝子(きなりがらす)

2016年08月18日

新素材でアイデア商品

〈所在地〉篠山市辻924
079・556・3350
 http://www.tonbodama.com

 沖縄で琉球ガラス工房を経営していた谷社長が、大阪でガラス製品・ガラス素材・ガラス加工工具の会社を立ち上げ、現在の会社名に改めた。4年前に本社機能を篠山に移転した。
 特許を取得した工芸用ガラスの新素材を活用したとんぼ玉(ビーズ)で、立体的な花を透明ガラスに閉じ込め、アクセサリー、ネックレス、指輪などを組み上げている。製品は、直径3㍉から20㍉までと幅広い。
 鉛を含まない新素材が、製造過程の特色。炭酸ソーダ、珪砂など13種類以上の材料を混合し、1200度の高温溶解炉に投入。12時間寝かした後、ステンレスの柄杓ですくい、型に流し込んで棒の形状に仕上げたガラス素材を、さらにバーナーで溶かして成形、加工し、製品化する。製品は、鉛を含む既存素材以上の美しさが出るという。「鉛を使わないことで、会社内外の環境にも配慮した」と宮田仁志営業部長は話す。
 製品は1万種類以上。花模様や泳ぐ魚、フクロウなどガラスの中に色々な世界が広がる。今、人気商品は、「花しずく」シリーズで、ネックレス、ピアス類が海外から京都などを訪れる観光客に好評という。おもに直営店や大手通信販売会社、観光地のほか、インターネットでも販売。ガラス素材は、国内の作家に多数納入している。
 東京、大阪、横浜の直営店では、とんぼ玉教室を開催。篠山の店で製品を紹介している。

【創業】2000年【資本金】300万円【社長】谷喜代司【年商】2億円(2015年度11月期)【従業員】40人【業務内容】ビーズ製造販売・加工、ガラス素材製造販売【本社・直営店】本社(篠山市)kinari浅草店(東京)kinari横浜店(横浜市)kinari京橋店(大阪市)kinari有馬温泉店(神戸市)cotonova studio(篠山市北、篠山市消防本部前)

色んな種類の硝子製品が生み出される喜南鈴硝子本社工場=篠山市辻で

電子書籍 新刊情報

携帯でパチリ

裸婦?

(11月4日)

あなたも参加しよう

あなたも丹波新聞作りに参加しませんか? ツイッターでは、丹波の出来事にハッシュタグ「#tanba」をつけてツイートして下さい。トップページでツイートを拾っています。
QR「携帯でパチリ」への応募作品は。本誌上でも紹介いたします。掲載用ニックネーム、お名前、タイトルを併記して、丹波新聞社までメールしてください。