医療

公立助産所「広域体制の整備を」 市が医大に協力要請も進展なし 「重篤な妊産婦に対応できない」

2020.06.13

分娩休止で近隣病院と協定 妊婦の受け入れなど連携 「安心な体制”見える形”に」

2020.06.13

大阪の公立助産所を視察 「とてもうらやましい」 分娩休止に揺れるまちの市民ら

2020.06.13

公立助産所 本格検討へ 病院の分娩休止受け 市「医師の働き方改革にも」

2020.06.13

分娩休止「人ごとではない」 継続のカギは「若手教育」と「分娩施設集約」 県立病院・産婦人科部長に聞く

2020.06.13

病院再編の時代「分娩休止は当然」 産科医に聞く地方の”産む”の将来 必要な施策とは?

2020.07.04

初診はAIが問診します 待ち時間短縮、診察もスムーズに 医療センターが導入

2020.09.05

病院「安全な分娩無理」市「努力を」 両者協議も平行線で継続審議

2020.09.05

患者数「崩壊後遺症」から脱却 「新病院効果」で多い初診 新しい地域医療の船出(下)

2021.06.10

医師数V字回復、常勤50人の大台に 大学・県からの派遣増 新しい地域医療の船出(中)

2021.06.10

「治す」「支える」融合へ 医療崩壊から10年、統合新病院発足 新しい地域医療の船出(上)

2021.06.10

入院患者移送終え「ほっとした」 統合新病院が船出

2020.08.08

鍵を握る新病院 「丹波医療圏」が存続 県保健医療計画改定で

丹波市の新病院 来年7月開院 238床から段階的拡大

2020.09.05

兵庫医科大学医療センター 次期協定案まとまる

2020.08.20
タイトルとURLをコピーしました