「FIRE」リーダー 足立隆さん(丹波市柏原町東奥)


 
ベンチャーズ演奏し50年

 ベンチャーズの曲を演奏する男性4人のバンド「FIRE(ファイア)」を率いる。8月末、ライフピアいちじまでライブを開催した。若い頃、ベンチャーズに夢中になったと思われる50歳代から70歳代を中心に300人を超える聴衆を前に約40曲を演奏した。「客席の反応は良く、『青春を思い出した』などの声を聞きました」とほほえむ。

 ベンチャーズとの出会いは中学生時代。「FIRE」のメンバーで、当時クラスメートだった宮川良明さん(京都市)からベンチャーズを紹介され、衝撃を受けた。ブラスバンド部、吹奏楽部を掛け持ちするほど、音楽が好きだったが、「それまで聞いたことのないサウンドだった」。叔父からクラシックギターを譲り受け、宮川さんと一緒に練習を始めた。「『さくらさくら』や『荒城の月』など初歩から始めました」。半年後、母親にねだってエレキギターを買ってもらった。「アンプと合わせ、3万5000円もしたのを覚えています」。

 45年ほど前に「FIRE」を結成。仕事が忙しく、活動を中断した時期もあったが、家では毎日、エレキギターを弾いた。50歳代半ばで「FIRE」を再始動。三田市や神戸市のホールでライブを開くほか、地域イベントに招かれて演奏をしている。

 一昨年にもライフピアいちじまでライブを開催した。客席の最前列に遺影を持った60歳代の男性がいた。「男性とその奥さんは、以前から私たちの演奏会に来られていましたが、ライブの少し前に奥さんが亡くなられたそう。それで奥さんの遺影を持って聞きに来られた。ありがたく、光栄でした」。

 68歳。「やれる限りは、やり続けたい」と話す。