イベントカレンダー

この記事は約0分で読めます。

8月
7
にしわき横尾忠則コレクション @ 西脇市岡之山美術館
8月 7 @ 10:00 AM – 10月 30 @ 5:00 PM

西脇市岡之山美術館の所蔵品コレクションの中から、職員たちのイチオシの作品を一堂に展示。

9月
10
秋の里山植物展 @ 青垣いきものふれあいの里
9月 10 @ 9:00 AM – 11月 3 @ 5:00 PM

秋の七草をはじめ、丹波市内の秋の野山で見られる草花を約50点展示。入園無料。月曜休館。

ルネ・ラリック アール・デコのガラスモダン・エレガンスの美 @ 兵庫陶芸美術館
9月 10 @ 10:00 AM – 11月 27 @ 6:00 PM

フランス装飾芸術の世界で活躍したルネ・ラリック(1860-1945)。世界屈指のガラスコレクションを有する北澤美術館所蔵品より、アール・デコの時代を代表するガラス作品を紹介。観覧料一般1200円、大学生900円、高校生以下無料。10:00~18:00

前田尋 ひょうごきり絵探訪展 @ 川西市郷土館
9月 10 @ 10:00 AM – 10月 10 @ 4:30 PM

丹波市出身のきり絵作家、前田尋さんが県内各地の風景を描いた原画22点を展示。月曜休館(10日除く)。

9月
17
丹波栗食べ歩きフェア @ 丹波市、丹波篠山市内
9月 17 – 11月 6 終日

栗拾い(~10/2)、生栗の販売(~10/16)、飲食、加工品販売(~11/6)など、丹波市、丹波篠山市の計77カ所が参加。インスタ投稿で特産品が当たる企画なども。詳細は「丹波栗食べ歩きフェア2022」ホームページで。

美人画開花 培広庵コレクション展 @ 丹波市立植野記念美術館
9月 17 @ 10:00 AM – 11月 6 @ 5:00 PM

培広庵氏が親子2代にわたって集めた近代の美人画コレクション。明治から昭和にかけて活躍した日本画家による作品約130点のうち、人気作品など約70点を紹介する。月曜休館。

9月
30
秋季企画展「丹波 里山の恵み」 @ 氷上回廊水分れフィールドミュージアム
9月 30 @ 10:00 AM – 10月 21 @ 5:00 PM

里山の動物のはく製約15体や生態を紹介するパネルの展示、映像紹介、触って箱の中身を当てるクイズ、薬草の標本展示など。観覧無料(1階展示室は大人210円、小中学生100円)。月曜休館(祝日の場合は翌日)。

10月
2
わたべみちこさん創作人形展「集い」 @ 旧村山家
10月 2 @ 10:00 AM – 10月 10 @ 4:00 PM

10:00~16:00。人形作家・わたべみちこさん(たつの市)による、昭和の田舎暮らしをテーマにした作品約15点を展示。新米、手作り雑貨、黒枝豆などの販売も。入場料200円(17歳以下無料)。

10月
6
丹波焼陶器まつり 秋の郷めぐり @ 丹波篠山市今田地区
10月 6 – 10月 23 終日

丹波焼の50の窯元がさまざまなサービスを行うほか、立杭陶の郷で「どどっと土曜市」(8、15日10:00~16:00)やチャリティーオークション(9日11:00~、13:30~)、兵庫陶芸美術館で「軽トラ市」(23日10:00~16:00)など。

10月
7
「もっと知ろう 郷土の偉人展」石川晴彦展 @ 正覚寺
10月 7 @ 10:00 AM – 10月 10 @ 3:00 PM

10:00~17:00(最終日は15:00まで)
仏画を多く手掛けたことで知られる日本画家、石川晴彦の掛け軸や額を約20点展示。石川は1944年に神戸から丹波篠山市味間に疎開し、17年間丹波で創作に励んだ。浄土宗丹波組ダーナの会主催。入場無料。

タイトルとURLをコピーしました