「天下統一の過程示す城」 光秀 が落とした国史跡・黒井城 フォ ーラムで専門...

田んぼから石器出たぞ~ 大発見ではないけど「悠久の歴史感じる」 弥生の石包丁など...

「いかにも戦国の山城」 「麒麟がくる」時代考証の小和田哲男さん 「赤鬼」の居城に...

陣屋彫刻の下絵見つかる 織田信長の血引く柏原藩 実物と一致、江戸期の彫刻師が制作

光秀の「城郭と合戦」一冊に ゆかりの城測量しデータ網羅 山城研究家の高橋さん

戦時中、通信学校に入校 「生きて日本を再建せよ」 殴られ続けた班長の言葉 消えゆ...

戦艦「榛名」の砲手 米軍襲来、甲板に遺体の山 「まるで生き地獄」 消えゆく戦争の...

軽蔑された輜重兵 「星の生徒」に感銘受け 消えゆく戦争の記憶(2)

「阪鶴鉄道開通」から120年 山間の地、歓喜の住民 伝える新聞や唱歌

16歳、新兵器で特攻「熱望」 消えゆく戦争の記憶(1)

光秀の母に迫る(下) 「はりつけ」謀反の原因探し創作? 名の出典は不明

光秀の母に迫る(上) 「はりつけは創作」根拠は? ”フェイク”信じた可能性

謎の木彫像「織田信憑」か? 下絵見つかり一致 「御殿様江けん上」と記述も

平家落ち武者ゆかりの「五輪塚」 山中か らふもとに移設 「地域の守り神に」

光秀築城説の八幡山城 焼かれた神社の宮司が考察

64年五輪、栄光の陰に「老紳士」 バレーボールの礎築いた”サラリーマン” 西川政...

明智光秀、因縁の「6月13日」 ”神罰”と記す資料 命日と神社焼き討ち同じ日付

武将・赤井氏の合戦場を踏査 新説盛り込む著書執筆へ 大阪の山城研究家

赤鬼」通った道整備 赤井直正ゆかりの「勝坂」 大河放映前で関心高く

セーラー服に下駄姿も 市民が映した沖縄

村人が”発掘”した陵墓参考地 数奇な運命で「守られた」大型前方後円墳

織田信包ゆかりの地、随所に 村民が遺徳しのびお宮も 初代柏原藩主の足跡(下)

信長の信頼厚かった弟・信包とは 秀頼後見もエピソード少なく 初代柏原藩主の足跡(...

教育者・井上秀という女性 新1万円肖像の渋沢栄一の跡継ぎ、日本女子大学校4代目校...

イノシシやシカ捕らえて”褒美” 獣害は昔から… 江戸期の古文書に「定め」記述

信長の血を引く最後の姫君 丹波国柏原藩「鶴姫」 非の打ち所がない武家女性

市内最古?江戸時代の「俳額」見つかる 住民詠んだ句を奉納

六古窯の一つ、丹波焼の「地雷」 今に残る戦争の“証人”

阿部定いた元遊郭、行政代執行開始 状況確認、本格的に取り壊しへ

阿部定がいた元遊郭取り壊しへ 「大正楼」倒壊の危険性高く

”絶大”なご利益?小さな村で伝統の「子授け法要」 産科医の元にも霊験 不妊治療の...

山境論争解決の絵図修復 江戸期に対立の2村 今は地域の「宝」に

明かされる阪鶴鉄道の歴史 「火の粉で家燃える」反対運動で路線変更も 50年前には...

ふすまはがすと古文書続々 「鉄砲持ってません」報告史料も 足利将軍建立の古刹で

徳川将軍にも献上 おせちの定番「丹波の黒豆」 その歴史をひも解く

「失意の地」に記念碑建立へ 名曲「旅愁」作詞の犬童球渓 心身むしばまれた新任教師...

240年前の”赤鬼”に抱く尊敬 武将・赤井直正の招魂碑 江戸期の民衆が建立尽力

削られた「光秀」の名 恨みか「いたずらか」 戦国武将招魂碑の謎

”もう一人の杉原千畝” 晩年、多く語らず 樋口季一郎とは(下)

”もう一人の杉原千畝” 初の「玉砕戦」司令官 樋口季一郎とは(中)

1 7 8 9 10