“人幸”増のモデル 丹波から

 丹波市春日町栢野自治会が初開催した「区民ふれあいの交流」でゲスト出演した丹波篠山市の小山迪夫さんの手品には驚 […]

「もうやめてくれ」

 児童虐待が社会問題となる中、丹波篠山市が昨年度、4カ月、1歳7カ月、3歳児の各健診を受診した保護者を対象にし […]

点と線

 中学校総合体育大会の市大会が行われ、丹波市の数競技を掛け持ちで取材した。今年も中学生が熱戦を展開した。  中 […]

ハヤブサ巣立つ

 丹波市内の採石場跡で繁殖していたハヤブサのひなの巣立ちを記事にした(6月16日号)。巣立ち間もない2羽の幼鳥 […]

記者に必要な「力」

 記者に求められる力ってなんだろう? 現在、丹波新聞社では編集記者を募集していることもあり、我が身を振り返りつ […]

内覧会で気づいたこと

 県立丹波医療センターと丹波市立健康センター「ミルネ」の内覧会に参加した。聞こえてきた見学会参加者の声から、利 […]

千年の歴史もつ「丹波栗」

 今、あちこちで花が満開になっている「クリ」。「丹波こども新聞」6月号で、平安時代の丹波について調べていて初め […]

壁取っ払う「食」の可能性

 外国人労働者の受け入れを拡大する改正入国管理法が4月から施行され、さらに外国人労働者が増えることが予想される […]

10年後の常識

 丹波篠山市の「おめめどう」社の設立15周年記念に、東京大学先端科学技術研究センターの中邑賢龍さんが、「AI・ […]

幸せは身近な所に

 松山千春の「何もない事が幸せなのです」で始まる「です。」というユニークな題名の歌がある。ふだん気が付かない身 […]

丹波新聞