若者と触れ合う機会に

 柏原高校が4年目となる「地域課題から世界を考える日」を開き、生徒たちが国際的な視野に立って地域の課題について […]

5円玉の精神

 東京の銭湯が19円に値上がりし、番台で1円のお釣りをもらうようになった時代に詩人の石垣りんは「銭湯で」という […]

野菜工場

 「武士の情けで、やめとくれ」―。10年以上前だったか、篠山市大山地区特産のスイカが長雨の影響で不作となった。 […]

被災地との交流

 三陸新報の「命の大切さと防災・減災を学ぼう」という社説に、4階まで津波をかぶった宮城県立気仙沼向洋高校の校舎 […]

まち歩きアプリ

 3月3日号(丹波市版)で紹介した春日町黒井のまち歩きアプリ開発の記事。4月の一般公開を前に完成したアプリを使 […]

女性的精神

 一千年前に書かれた清少納言の「枕草子」にほれこみ、映画を作ったイギリス人の映画監督がいたことを、先ごろ亡くな […]

天守炎上

 作家・五味康祐の作品に「天守炎上」という短編小説がある。赤井(荻野)直正を主人公にした作品で、直正のおじ・荻 […]

ノモンハン

 戦地の体験を滅多に話さなかった亡父が最晩年に1度だけ、ノモンハンに動員された時の回想をコラムに書いた。「貨車 […]

憂鬱な日々の始まり

 花粉症の皆さん、ご機嫌いかがでしょうか。日本気象協会によると、今年の春の花粉飛散量は例年比でみると、近畿では […]

親としての本然

 6日まで氷上町の沼貫交流館で開かれている稲畑人形の展示会で、「饅頭喰い」という作品を見た。二つに割った饅頭を […]

丹波新聞