「魔除けの風鈴」調製 「音色で清め、はらって」 神社の氏子らが発案

田艇吉像”一等地”へ 駅正面に移転 郷土開発の”大偉人”周知に

歴史美術館内に「法廷」 元裁判所の面影残し「模擬裁判」もOK

ドライヤーをヒートガンに 理容師がカーラッピング挑戦 コロナの事業再構築で

歴史感じ歩く 明治期のトンネル開放 レンガ積みは国内最古

“秘仏”お披露目 聖徳太子作「薬師如来像」 33年に1度...

舟城神社本殿が県指定文化財に 複雑な屋根に特長 社寺建築で市内9件目

33年に1度の”秘仏”公開へ 聖徳太子作の薬師如来像 病気平癒の御利益も

「赤鬼ラーメン」人気に じわじわ販売広がる 武将にちなむ逸品

景観重要建造物に指定 庄屋として栄えた古民家 旧国の伝統的構造評価

源氏絵巻6巻を展示 「光る君へ」で注目 16日に作品鑑賞会も

国文化財「妙見堂」の模型製作 大学時代の研究が縁 地元宿泊施設へ寄贈

歴史ロマンに浸る 光秀に敗れた城主切腹?の巨岩 ”三度目の正直”で見学かなう

江戸期の「御詠歌本」発見 郡内観音霊場33寺院まとめ 「昔の人の祈り知って」

子授けにご利益 全国から61組が祈りささげ 参拝後に懐妊”願済”の報告も

神様の力増した社殿で 「ご利益頂いて」 週末に「厄除大祭」

ミニ石舞台 盛り土失われた古墳 残る謎の「火雨」伝説【シリーズ・丹波ムー】

崇廣館の歴史を本に 「先人の足跡知って」 再建する会

創建1300年へ大規模改修 近衛家と縁深い兵主神社 工事費の奉賛募る

ドドドドドッ 机たたいて五穀豊穣祈る 風変わりな法要「堂の講」

わらの「大蛇」ぱくっ 無病息災願う神事「蛇ない」 大雨から子を救った伝説残る村

青空の下に整列 アコーディオンのよう 茅がずらりと

100以上の城跡紹介 「丹波国攻め」パンフ 「丹波の赤鬼」の城も

蜘蛛退治伝説残る 境内の岩壁に洞窟

「鴉博士」の絵? マツに向かって飛ぶ2匹 神社で見つかる

消えた橋の写真探して 58年前に流出の「廊下橋」 住職も目にしたことなく

日本一の大碁盤 囲碁で領地争い解決の故事

デフォルト画像

本誌記事2部門で2本入賞 全国の地域紙コンクール「ふるさと新聞アワード」

巣鴨プリズンで短歌創作 BC級戦犯だった元柏原高教諭 大槻隆氏の遺した資料を調査

勇壮華麗な武具紹介 武将ら用いた51点展示 歴史美術館で特別展

桧皮でハート 「記念写真どうぞ」 住民参加で制作のあずまや完成

藩からの負担に〝キレた〟 江戸期の町民残した史料読み解く 新たな仕事は断固「お断...

7割超の小学校で創立150周年 理由は「学制」発布 空撮など記念行事も多く

「人形狂言」 秋祭りで4年ぶりの奉納 若侍が大蛇切り倒す

「大蛇」両断 奇祭「鱧切祭」に大きな拍手 2メートル近いハモ登場

小5が「流鏑馬」奉納へ 家族3代の大役に”立候補” 弓道場で稽古励む

修復中の能舞台で見学会 耐震で揚げ屋作業中 「く」の字の一本松も見られます

97歳の兄は激戦地で逝く 戦争回避に「国が欲出さないこと」 戦後78年―語り継ぐ...

みこしのお供、子ども踊る秋祭り 発祥不詳の独自風習 女子の祭り参加策か

藩校「崇広館」の復元を 実現へ「再建する会」発足 ”学びの館”目指す

1 2 3 10