新しい時代へ

 「平成」に変わる新元号が「令和」に決まった。発表があった4月1日、丹波市の「コモーレ丹波の森」内に設置された […]

恐竜少年 現る

 この春、小学3年生になる篠山市の“恐竜少年”を取材した。恐竜のことが好き過ぎて、みんなにその魅力を伝えたくて […]

春愁

 明日から4月。古里を離れる子もいよう。新天地に進む人もいよう。かと思えば、一線を離れる人もいよう。ひとつの区 […]

元号

 人生の節目の多くを「昭和」時代に迎えた筆者には、昭和を基準に振り返るのが習慣。平成も63をプラスして昭和に換 […]

一石投じた句

 「母の日に なんにもしない それがうち」―。篠山市の岡野小学校4年の青木舞佳さんの詠んだ俳句が、「佛教大学小 […]

歴史に幕

 明治30年の開設以来、1世紀以上に渡り氷上郡民、丹波市民の命を救い、健康を支えてきた柏原赤十字病院が、県立柏 […]

選抜高校野球

 「二町四方の間は、弾丸は縦横無尽に飛びめぐり、攻め手はこれにつれて戦場を馳せまわり、防ぎ手は弾丸を受けて投げ […]

歩いた距離は…

 3月7日号「丹波こども新聞」掲載のよしずみあいさんのマンガ「たんばわらべの詩」。小学校卒業間近の時期に校長先 […]

平山郁夫

 平山郁夫の絵は完璧すぎて、あまり好きでなかったが、数年前、佐川美術館(滋賀)で観た「サラエボの祈り」という作 […]

若者と触れ合う機会に

 柏原高校が4年目となる「地域課題から世界を考える日」を開き、生徒たちが国際的な視野に立って地域の課題について […]

丹波新聞